さくら栄急電鉄 -#04 編集後記・コメント返し | さくら栄急電鉄
Loading...

Internet Explorerでご覧の皆さまへ。 当サイトは、Internet Explorerでは正常な表示ができません。Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edgeなどのブラウザでご覧いただきますようお願いいたします。

【A列車で行こう9】さくら栄急電鉄 -#04 編集後記・コメント返し

【A列車で行こう9】さくら栄急電鉄-#04

06:57 Quartet(Nekodaruma), Snow Bloom(Nekodaruma)

Merry Christmas!! 大変お待たせ致しました。今回は、クリスマス特別企画として寝台特急おもいでに乗車します。 編集後記・コメント返し

編集後記

大変長らくお待たせいたしました。もう少し早い段階で時間が取れると思っていたのですが、年末はやはり何かと多忙でして遅くなってしまいました。
そして、偶数パートなのに車窓だけじゃないかというツッコミもごもっともでございます。ごめんなさい!説明パートの動画制作に手間取って本来の#04は現在お蔵入りしておりまして… かといってサイドストーリーにするのはちょっと違うなぁと思ったので自ら決めたルールを破ってしまいましてほんと情けないです。申し訳ございません。
ニコニコ動画の動画投稿の仕様が変更されて初めての投稿です。画質など問題があれば修正します。

今回の動画に関してですが、【A列車で行こう9 Ver4.0】Original Video A-train #04【小波鉄道】の動画に影響を受けて作成しました。小波鉄道様の動画では、お正月を取り上げていらっしゃいましたが、クリスマスで動画を作ってみたくなったわけです。遠く及びませんが、リスペクトさせていただきました。
また、使用楽曲についてですが、今回はニコニコインディーズからDL可能良曲集というタグで目に留まったnekodaruma様の楽曲を2曲使用させていただきました。この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございました。

「寝台特急おもいで」の列車名は1962年キハ58系800番台での運用で東北~上野を結ぶ修学旅行列車の名称だったそうです。(1973年までに廃止になった)たまたま、名称が被った程度にとらえていただいて結構です。また、車両は485系のテクスチャ変更で583系(のつもり)ですが、偶然485系が12月25日(動画アップ当日)に生誕したという情報を得まして、485系か583系かは明言しないでおこうと思います(笑)
映像制作のギミック的なものは今回は特になし。まぁ信号の変化とかは既知の通りですがそのほかの部分は凝ってるようで凝ってない作りです。理由は、この動画の制作開始が12月18日なので1週間足らずで作ってしまわないといけなかったということ。私の場合、制作にあたっては動画を取ってから編集ソフトのタイムラインに入れるというより編集ソフトのタイムラインで音声波形を見ながらA列車で行こう9で合いそうな部分を見つけて録画、即タイムライン流し込みという感じでやっているので流れに乗ると早いのは早いんですが、やはり、1週間というタイムリミットがあるとなかなか細かいところまで手が回らないという感じでした。
まぁともあれ、一応は間に合いましたので少し肩の荷が下りたかなというところです。

コメント返し(2016年12月30日更新)

こんちわー うぽつ うぽつ

いつもご視聴ありがとうございます。

ネタ系も当然ありだが、こういう風景系もいい

ありがとうございます。より良い動画をお届けできるよう頑張ります!

MADカラー新色登場

MAD…ですかねぇ… MODとの間違いであってほしいんですが、可笑しいですかねぇ…w

素晴らしい街並みと車窓だけど一部架線柱がないのが残念

やっぱり細かいところまでしっかり作らないとダメですね… 美は細部に宿るって言いますもんね… ご指摘、次回からしっかり反映します。

雪の描写がなお良く感じる

A列車で行こう9での雪の表現はとても綺麗なので私も大好きです。

しかもクリスマス仕様の特別車

クリスマス仕様の特別車両を作成するにあたっては紆余曲折ありまして、なかなか苦労しました… テクスチャって難しいですねぇ…

なるほどキハ71を客車として用いるとは

本当は、この車両で1本作成しようと思っていて、クリスマス前に準備していたのですが若干ネタ被り感が出てきまして、念のためサブで作っていた今回の列車を使用しました。キハ71を生で見たことはないのですが、色とかからなんとなくトワイライトエクスプレスを想像してしまったのでそのまま利用してみたかったんですが… まぁ主役にはならないでしょうね…ww

いいねぇ。こういう動画増えてほしいよ。

ありがとうございます。恐らく今後もこういう動画を専門に扱うようになると思うのでご希望に添えるかと!w

乙 おつ すげぇ・・

ご視聴ありがとうございました。

ここの主はニコ鉄の事理解してるのかな? ↑?

これはいわゆる「 い つ も の 」というやつでしょうか…w 大変申し訳ございませんが、私の動画のどこが問題なのか 具体的にお教え願いたいのですが、毎度毎度抽象的にフワッとしたコメントをいただくので対処のしようがありません。せっかくコメントをしていただいたからには、できる限り要望などに声を傾け対応していきたいと思っています。ぜひ、具体的な内容をコメント、もしくは Twitterへお寄せくだされば幸いです。よろしくお願いします。


(2017年1月8日追記)フルフルっぽい塗装だなあ

フルフルっていうのを実は知らなくて調べました。

1994年度はスキー専用列車「シュプール号」の運行開始から10周年となるため、これを記念して「シュプール号」に特別塗装車両を導入することになり。新前橋電車区のS201+S202編成とS215+S216編成の2編成が特別塗装車両に選ばれた。この特別塗装はジョン・シェリーが原画を担当し、「列車に乗り込むときから少しでも気分が盛り上がる楽しい列車」になることをねらい、ブルーとホワイトのツートンカラーをベースに、動物たちと人間が一緒にスキーを楽しむというイラストが描かれたものであった。「雪よ、降れ!」という願いと、また冬や雪への気持ちを「いっぱい」 (=”full”) 乗せて走る列車という意味を込めて「フルフル」と命名された。 この2編成は、1995年1月6日から同年3月27日まで、グリーン車を外した6両編成で、「シュプール上越3号・2号」と「シュプール草津・万座」に限定運用された。「シュプール号」運行終了後は、5月までそのままの色で他車に合わせて「フルフル」塗装としたグリーン車を組み込んだ7両編成で通常運用に入った。Wikipediaより抜粋

なるほど。たしかに雰囲気そっくりですね…
も、もちろん、し し し しってたんだからね!あえて言わない方がいいかなぁって思ってたんだからね!と書いておけばフルフルのリスペクトをして最初から制作してたことにはなりませんかねぇ()

日々綴~毎日更新し続けるブログ~様より抜粋

今回も、ご紹介いただきまして大変ありがとうございました。

オープニングが凄いんです。綺麗に魅せるなぁ~。

ありがとうございます!実はオープニングが3時間クオリティだなんて言えない…ww

カメラワークはちょっと激しめ。ここは好みが分かれる所かもしれませんが、見せるところ魅せてくれますよ~

ちょっと意識的に激しめに動かしてみましたがやっぱり好みが分かれるところですよね。試行錯誤しながら、結局は多分穏やかなカメラワークに落ち着いていくんだろうなぁと思っています。

季節変化や信号変化なども頑張ってるなぁと。ちょっと失敗なのか意図してなのか…信号が白かったのがふと気になりました。

信号変化に関して… 白かったのは失敗でも意図的なわけでもなく、実際のところは仕様上の問題に近いんですが、ライトが当たって信号機が白く光った、それだけです… 停車中はライトを暗くできるとかあったらいいんですけどねぇ

路線の見せ方が上手いなぁと。路線図上手く使ってます。

今回の新規マップ区間を重点的に撮影、編集した結果従来のマップ区間がまともに紹介できなかったというのが路線図を使った理由になりますが、結果として割と見やすい動画になったかなと自分でも思ってるので大成功と言ったところですね、ありがとうございます。

かなり綺麗に丁寧に作られているので見応えたっぷりの動画となっています

私の動画、常に見ごたえたっぷりお腹いっぱいという感想を持たれることが多いなぁ(A列車で行こう9に関わらずですが)と改めて感じます。

コメント返しは以上です。今回も独り言です。今回の動画には15コメント(12月30日現在)戴きましてちょっと回復したかなと言ったところです。その代わり催促しているわけではないですが、広告がついていないので恐らく視聴回数が減るだろうなぁという印象。まぁ、広告もコメントもマイリストもですけど皆様のおかげで多少は日の目を見ることができる動画を作成できていますので、コメントが少ないだとか広告がないだとか文句を言う方がおこがましいとは思いますけどね。
他支社さんの動画を見ていて、いわゆるランキング上位は、「ブランド力」がある動画、もしくはネタ系動画といったイメージです。ランキングに載る載らないの話ではないのですが、ネタ系動画というものはやはりコメントをするチャンスが風景動画と異なり多く存在していることがランキングで上位に入る動画制作には欠かせないのではないだろうかと考察してみました。もっとコメントをもらいたいとかそういうはっきりとした目標もありませんので、自由気ままに来年も続けようと思っていますが…ww

広告お礼(2017年1月8日追記)

HOKT様、いつも広告いただきまして誠にありがとうございます。

コメントを残す